フリーウエイト初心者が、最初に行うトレーニング種目って何がいいの?

あなたが全くフリーウエイトの経験がなければ、ビック3と呼ばれている

  • 1、スクワット
  • 2、ベンチプレス
  • 3、デットリフト
  • の3種目だけで OK です。

    最初の1年間は、この三つの種目だけで全然大丈夫!

    この三つの種目は、全身の筋肉を鍛えることができるすぐれたトレーニング種目で

    基礎体力がつくので、のちのちの種目の応用が利きます。

    全くフリーウエイトをやったことがない方であれば、
    1年はこの3種目だけを目いっぱいやってください。

    週に2回は、やって欲しいですね。

    1日目が、8~10回が MAX の重量で、3セット~5セット。
    2日目が、4日ぐらいあけて、やや軽めの20回が MAX の重量で3~5セット。

    やや物足りないように感じるかもしれませんが、
    初心者の時は、この3種目だけをめいっぱいやるのがおすすめ!

    1年後は、肩を鍛えるショルダープレス、上腕二頭筋を鍛えるバーベルカール、上腕三頭筋を鍛えるプレスダウンを上記のレップスとセットで行うと良いでしょう。

    これらもそれぞれの筋肉の基本種目なので、
    扱う重量が重くなれば、他の種目の応用が利きます。

    ゴールドジム大宮に通えない場合は、家でビッグ3だけやりましょう!そのためには…

    ゴールドジム大宮に通えない!
    でも、家でトレーニングしたい!

    その場合はビック3のフリーウエイトトレーニングが目いっぱいできる
    TUFF STUFFのトレーニングセットをおすすめします。

    ビック3(スクワット、デットリフト、ベンチプレス)の3種目が、
    高重量でトレーニングできるホームジムです。

    パワーラックと、アジャスタベンチ台がついてるので、
    ビック3のトレーニングが、思う存分、自宅でできます。

    TUFF STUFFとは、名前の通り頑丈な材料という意味なので、
    300キロのスクワットやデットリフトでもびくともしません。

    あなたの家に、スクワットラックを設置するスペースがあれば、購入を検討するのをおすすめします。

    TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラックセットの詳細は画像をクリック。(フィットネスショップの公式サイトに飛びます。)↓

    コメントを残す