POWERTEC(パワーテック)社製の家庭用ハーフラック

POWERTEC(パワーテック)社製の家庭用ハーフラックは、コンパクトなサイズ設計で制作されているので、省スペースでパワーラックを設置できます。

四畳半程度のスペースでパワーラックの購入を検討中の方にはぴったりサイズの大きさです。

今回は、POWERTEC(パワーテック)社製の家庭用ハーフラックをレビューします。

POWERTECのハーフラックをレビューしてみた

91センチの奥行きなので四畳半のスペースでも設置できるコンパクトさがとても気に入った。箱型のパワーラックは奥行きが、130センチ程度あり、部屋の大きさが六畳ぎりぎりぐらいで設置できるかなという感じです。6畳であれば、左右前後のスペースにかなり余裕ができて、筋トレがやりやすい。

これ1台でベンチプレス、スクワット、デットリフトのビック3トレーニングはすべてできちゃいます。(別途ベンチ台を購入しないとベンチプレスはできません。)

以前のモデルは、セーフティーバーが短いのが欠点でしたが、改善されて9センチ長くなり、バーの軌道がスムーズに行えるようになってます。早速、セーフティーバーの欠点を改善しているパワーテック社は、迅速丁寧な対応で好感が持てるな!

96,800 円の価格で10万円を切ってるのでかなりリーズナブル。耐荷重は450キロで、ビックスリーやオプションをつければラットマシン、レッグエクステンション、ディップス等バリエーション豊かなトレーニングは可能なので、かなり重宝するハーフラックだなと感じました。

色も黄色とカラフルでかっこよく、スタイリッシュな造形でオブジェとして設置していても違和感ないので気に入ってますね。

POWERTEC(パワーテック) ハーフラックの詳細はこちら

POWERTECのハーフラックをおすすめする人とおすすめしない人

あくまでも個人的感想なので悪しからず。

POWERTECのハーフラックをおすすめする人

  • 四畳半程度のスペースでパワーラックを購入したい
  • 高重量(200kg以上)で安全にトレーニングしたい
  • 彼女や奥さんに「格好いい!」と言われたい!
  • 金利なしの分割払いで購入したい(購入金額が10万円以上に対応。)
  • POWERTECのハーフラックをおすすめしない人

  • セーフティーバーの位置がトレーニング中に気になる神経質な人
  • フレームに囲まれて安心感を得てトレーニングしたい
  • 箱型のパワーラック以外はパワーラックとは認めない人
  • POWERTECのハーフラックのメリットデメリット

    POWERTECのハーフラックのメリット

  • 自宅で筋トレができる
  • 毎月10000円程度の金額でパワーラックが買える
  • 四畳半ほどのスペースでパワーラックを設置できる
  • ジムでマシンの順番待ちをする必要がない
  • ビック3のトレーニングを目一杯できる
  • 裸でトレーニングできる
  • ジムに通う煩わしさがなくなる
  • マイペースでトレーニングできる
  • 無駄な会話をしなくて済む
  • 会費が浮く
  • 筋トレしている姿を人に見られることがないので快適にトレーニングできる
  • POWERTECのハーフラックのデメリット

  • いつでもトレーニングできるので、逆にやらなくなってしまう
  • 万が一事故に遭った場合、助けてもらえない
  • 1人で黙々とトレーニングするので、モチベーションが下がりやすい
  • 補助を付けれない
  • 部屋が狭くなる
  • 引っ越しのとき、パワーラックの移動が大変
  • 150キロ以上の高重量を扱う場合、床が抜けそうで怖い
  • ジムよりできる種目が限られる
  • POWERTECのハーフラックのオプション

    オプションでラットマシンやベンチ台、バーベルセットを購入することが可能です。

    ベンチ台とバーベルセットはハーフラックを使用する場合必須となるので持っていない人は合わせて購入しましょう。

    POWERTEC(パワーテック) ラットタワーオプション

    POWERTEC(パワーテック) ラットタワーオプション

    POWERTEC(パワーテック) ラットタワーオプションの詳細はこちら

    ラットタワーのオプションをハーフラックに取り付けるとラットマシンプルダウン、ロープーリー等の背中のトレーニングとプレスダウン、アームカールなどの腕のトレーニング種目が行えます。それ以外にも工夫次第で様々なバリエーションの筋トレができますよ。

    パワーテックのハーフラックか箱状のパワーラックに取り付けないとラットマシンのオプションは単体で使用できません。

    奥行きが51cm 増量するので、四畳半のスペースの場合、設置できない場合があるので部屋のサイズを測っておきましょう。

    ラットマシンがあれば筋トレのバリエーションが非常に増えるので重宝します。

    別売りのコネクターの購入が必須です。ラックとラットマシンを接続する部品です。

    POWERTEC(パワーテック) WB-HR18-LTO16-CN用コネクタの詳細はこちら

    POWERTEC(パワーテック) ユーティリティベンチ ブラック

    POWERTEC(パワーテック) ユーティリティベンチ ブラック

    POWERTEC(パワーテック) ユーティリティベンチ ブラックの詳細はこちら

    パワーテックのベンチ台は、耐荷重270キロなので非常に頑丈な構造です。ちょっとやそっとの衝撃では、壊れないですね。タフスタッフも頑丈ですが、価格が100000超えなのでパワーテックは非常にリーズナブル。

    ベンチ台が頑丈で安定しているとベンチプレスのとき、背中がしっかり固定できるので動作しやすいメリットがあります。

    角度を自由に変更可能なので、インクラインベンチやバックプレスも可能です。

    オリンピックバーとプレート

    COT-20 ブラックオキサイドオリンピックバー2200mm

    COT-20 ブラックオキサイドオリンピックバー2200mmの詳細はこちら

    IVANKO(イヴァンコ) ROEZH オリンピックラバーEZプレート

    IVANKO(イヴァンコ) ROEZH オリンピックラバーEZプレートの詳細はこちら

    パワーラックとバーベルセットを同時購入すれば20%オフになりますよ。

    他のパワーラックと比較してみよう

    タフスタッフとパワーテックの箱肩のパワーラックセットとハーフラックを比較してみました。

    TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラックセットと比較

    TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラックセット

    TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラックセットのレビューと評判 はコチラ

    まずはTUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラックセットとパワーテックのハーフラックを比較してみましょう。

    コスパは断然、パワーテックのハーフラックに軍配が上がります。設置スペースに関しては、ハーフラックの方が断然有利です。四畳半くらいの小スペースでパワーラックを設置するのであれば迷いなくハーフラックで決まりです。

    6畳以上の部屋のスペースがあれば、バリエーション豊かなトレーニングができ、耐久性がある箱形のパワーラックが良いでしょう。

    価格はハーフラックの方が安いので、あなたのお財布事情と相談するだけですね。

    パワーテックパワーラックセットと比較

    同じパワーテック製のかパワーラックになります。

    タフスタッフのパワーラックの比較とほぼ同じですね。

    セーフティーバーの着脱が面倒臭いのと音がうるさい点が気になりました。防音設備が整っている部屋であれば問題ないでしょう。

    色はブラックしかありませんので、あとは自分の好みで決断してくださいね。

    おすすめのパワーラックセットを解説した記事は下記のリンクから移動してください。

    まとめ

    パワーテックのハーフラックは、四畳半程度の省スペースでトレーニングしたい人にはぴったりのラックです。

    耐荷重は450キロまで対応しているので、スクワット200kg でラックにバーベルを戻しても安全です。

    人気商品だけに、現在(2020年7月8日)、入荷が8月下旬です。

    コメントを残す