POWERTEC(パワーテック) パワーラックセット

木造2階建てにバカ重たいパワーラックを設置すると床が抜ける可能性もあります。築年数や強度によりますね。個人的には木造2階建てにパワーラックを設置するのはおすすめしません。パワーラックとベンチ台、バーベルセット、自分の体重などで400km ~500キロぐらいあるから抜けるの怖い!

木造二階でパワーラック設置すると床の抜けちゃう?

建築基準法では、1平方メートルの耐荷重が180キロと定められています。パワーラックが100キロ、自分の体重が80キロ、ベンチ台が40キロ、ラットマシンが150キロ、バーベルセットが120キロとして490kg。

例えば六畳だと180キロ×6=1080kg まで部屋全体で重さに耐えることが可能です。なので、局所的に重量を設置しなければパワーラックやトレーニング器具一式を木造2階建てに設置しても床が抜けることはないと考えられます。

しかし、これはあくまでも計算上です。

万が一、床が抜けてしまう危険性もあります。なので一度フィットネスショップさんに問い合わせするのが良いでしょうね。

私の経験談

私は以前築30年の木造住宅の2階に、ベンチプレス台とバーベルセット合計で200kgから250kgの重量を設置していました。

ベンチ台の下に何も敷かないと畳がへこむ感覚がありましたね。なので、ベンチプレス台の支柱部分には、ベニヤ板を敷いていました。

あと、バーベルのプレートは、トレーニング後は、分散しておいてました。

押し入れの棚にバーベルプレート30キロぐらい長期間置いていたのですが、棚が割れてしまいましたね。なので、木造はやっぱりちょっと怖いかな。

トレーニングジムに通うようになってから、すべてのトレーニング器具は処分しました。やはり家でトレーニングすると扱う重量も限界があるし、床が抜ける恐怖もあるし、種目も限られてますからね。

パワーラックなどの本格的なトレーニングマシンをホームジムとして利用するのであれば鉄筋コンクリート構造の頑丈な建物に設置するのが良いでしょう。

パワーラックを検討している人は、下記の記事を参考にしてください↓

まとめ

木造2階建てにパワーラックを設置するのは、自己責任でお願いします。

耐荷重的には問題ないと思われますが、築年数によっても変わってくるので、何とも言えません。

何の心配もなく安全に家でパワーラックを設置したいのであれば、鉄筋コンクリートの1階部分が良いでしょう。

コメントを残す