腰痛
スクワットで腰やひじ、ひざを傷める原因は何か?右利きの人は左側を傷める。左足が軸足になり、支点の作用が働き足を固定するために左足重視になってしまうのがスクワットで左側を傷める要因です。解決策は、両足を結んだ真ん中の線にえさを落とす感じでしゃがむことで左側への偏りを軽減できます。

スクワットで腰やひじ、ひざを痛める原因は何?特に左側!

右足が利き足の場合は、左足が支点になり左足を固定することになるので、左側に重心がかかり、左側にある腰やひじ、ひざを痛める原因になります。

支点力点作用点の力学が働くので左足が支点になると左側に負担がかかり、腰やひじ膝を痛めてしまうのは致し方がないことです。

自分も左足が支点になるので、スクワットで腰や膝を何回も痛めています。腰やひざに関しては、痛みの大小含めて毎回のスクワットで痛みがありますね。

私の場合は20代前半の頃に、200キロのスクワット4回目で、左腰を痛めそれから、より左腰への痛みが毎回のスクワットであります。なので、腰を完璧にけがをする前に気をつけることが必要です。この後解説しますね。

スクワットで腰やひじ、ひざを痛めにくくする解決方法は?

左側に重心がかかるので左腰やひざを痛めてしまう。ということは重心の真ん中に持ってくれば左右均等に負荷がかかるので痛めにくい。

具体的には、両足を結んだ線の真ん中におへそを落としていく感じでスクワットするイメージですね。

完璧に真ん中に重心を落とすのは難しいです。やはり長年のくせで左側に支点が移動するのは致し方ありません。できる限り上記の方法で真ん中に重心が来るように動作してみましょう。

現在すでに腰が非常に痛い人でスクワットをやりたい場合は、上記の方法を加味した上でフルスクワットは控えましょう。フルスクワットで行うとボトムポジションで腰が非常に伸展した状態になるのでより傷みやすくなります。

腰が激しく痛い場合はスクワットはお休みにして、レッグプレスを代用しましょう。レッグプレスもスクワットと同じでフルレインジで動作を行うと腰への負担が増大するので腰が痛くならない稼動範囲で行いましょう。

まあ動作を気をつけたりしろ腰やひざ、肘などの関節には強烈な負荷がかかってるので消耗が激しいから修復させるためにジョイント系のサプリメント摂取がおすすめですね。

下記のサプリメントは、以前、左ひざを痛めた時に採取していたジョイント系のサプリメントです。半信半疑で飲んでみましたが、左ひざの痛みがかなり和らぎました。

しかし、サプリメントの摂取を中止すると再び痛みが再発するので、飲み続けないといけないのが難ですね。まぁお金に余裕がある人が一度試してみてください。

GOLD’S GYM(ゴールドジム) F6620 アルティメット フレキシジョイントの詳細はこちらをクリック
GOLD'S GYM(ゴールドジム) F6620 アルティメット フレキシジョイント