ベンチプレスで左右均等に負荷をかける方法
ベンチプレスで左右均等に負荷をかける方法を紹介します。片側に負荷がかかると、筋肉や腱を痛めやすい。それに、扱う重量のスランプに陥ります。ベンチプレスで、左右均等に負荷をかけにくい原因についてもお話します。筋肉のバランスが良いと見た目カッコいい。

ベンチプレスで左右均等に負荷をかける方法

ベンチプレスで左右均等に重量をかけるには、スタートポジションで目線を天井に対して垂直に向けることです。

味噌は、ベンチプレスの動作中もスタートポジションと同じように目線を天井に対して垂直に保つこと。

それによって体の重心が体の真ん中に固定されるので左右均等に力がかかります。

何故片方に負荷がかかるのか?

あなたの筋力が強い方で重量を挙げようとするからです。

右利きなら右腕に重心がかかってベンチプレスの動作を行うので片方に負荷がかかります。右であげるので目線が右方向に行きますからより右側に重心が移動してしまいます。

なので上記で解説した方法を行えばベンチプレスで左右均等に負荷が乗ります。

ベンチプレスで左右均等に負荷をかけると怪我が減る

ベンチプレスで、左右均等に負荷がかかった状態のトレーニングをしていると左右の筋肉や腱に満遍なく負荷がかかった状態で筋トレできるので、故障確率が低いです。

ベンチプレスはこの先何十年も行う種目なので、肩や肘などの故障を防ぐために左右均等に負荷をかける方法をマスターしましょう。

ベンチプレスで左右均等に負荷をかけると拳上重量も伸びる!

ベンチプレスで左右均等に体に対して重量を垂直にまっすぐ上げることで重心ぶれることなくウエイトを挙げることができるからです。

左右不均衡の力がかかると、バランスが崩れて体に対してバーベルを垂直方向に拳上することができないので、扱う重量が頭打ちになります。また上記で説明したように、けがにもつながりますしね。

意識しづらい人はダンベルベンチプレスで慣れる

ダンベルなら自然と左右均等に負荷がかかるのでバーベルベンチプレスで左右均等を意識しづらい人はダンベルから慣らしていくのが良いですね。