深呼吸
筋トレ時の呼吸法を紹介。筋トレ時の基本的な呼吸法は、ネガティブ(重量下ろす時)で息を吸い込み、ポジティブ(重量を挙げる時)で息を吐きます。一発だけ高重量を拳上する場合は、息を吸い込んで止めたまま動作を行う方法があります。【血圧が高い人は禁止】

筋トレ時の呼吸法を紹介

筋トレ時の基本的な呼吸法は、ネガティブ(重量下ろす時)で息を吸い込み、ポジティブ(重量を挙げる時)で息を吐きます。

ポジティブで息を吐き切らないと、毛細血管が破裂して立ちくらみ症状が起こります。

ベンチプレスやスクワットを高重量で行う場合は、大きな力を発揮するのでポジティブで息を吐き切らないと上記の症状が出るので注意が必要です。

一発だけ高重量を拳上する場合は、息を吸い込んで止めたまま動作を行う方法があります。

ノーブレス方式といって、パワーリフティングの選手が使うテクニックです。

しかし、血流を一時的にストップさせる行為なので、高血圧の人は禁止です。