フォーストレップスとは、自力で限界まで動作をこなした後にパートナーがスティッキングポイントで補助をして限界まで筋肉を追い込むトレーニング方法です。

例えば、ベンチプレスで100キロが8回が限界として、パートナーについてもらいネガティブワークだけは自力で行い、ポジティブだけスティッキングポイントで補助してもらう形です。

フォーストレップスの回数は多くて3回ぐらいが適量でしょう。フォーストレップスの回数を多くしてしまうと筋肉の破壊が、大きくなります。

特にネガティブワークは、筋肉をめいっぱいストレッチさせるので、筋肉の損傷が激しいです。回復にも相当時間がかかるし、筋肉断裂や腱の断裂の危険性が高まるので、やりすぎには気をつけましょう。注意

それとパートナーに補助してもらえるという安心感があって自力でのレップスが、落ちてしまいます。なので毎回行うと逆効果になりますね。

1ヶ月に1回か、1ヶ月のみ期限を区切って行うのが効果的です。

フォーストレップスはパートナーがいないとできないトレーニングメソッドです。なので1人で行う場合は、スーパーセットドロップセットなどを行いましょう。

それに、補助の力加減を理解していないと力を補助しすぎたり、しなさすぎたりして効果が減少してしまいます。

なので、トレーニングに習熟したパートナーにお願いするのが良いでしょう。

フォーストレップスは筋肉を追い込むために効果的なトレーニング方法ですが、やりすぎると筋肉を損傷したりするので、十分に気をつけて行いましょう。