GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO感想とレビュー 背中のトレーニング時の握力サポートに役立ちます!

私が実際に使用しているGOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROの画像で↓
GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO は、
ラットマシンプルダウン、ベントオーバーローイング、デットリフトなどの背中のトレーニングやシュラッグ等の僧帽筋のトレーニング、あとは高重量を扱うトレーニング時の握力をサポートしてくれます。

背中の筋肉(広背筋、固有背筋、僧帽筋)などは、人体の中では非常に大きな筋肉です。なのでウエイトトレーニングで扱う重量が、高重量になります。

それに比べバーを握る前腕筋は、非常に小さな筋肉なので、背中の筋肉を完全に追い込む以前に、前腕筋が、疲労してしまいます。

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップPROは、背中のトレーニング時に、握力をサポートしてくれるので、最後まで追い込むことが可能!

私は、シュラッグを230キロのバーベルでトレーニングした際に、GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROを使用しましたが、グリップ力が落ちることなく利用できたので、230キロまでは、握力のサポートはOKですね。

230キロ以上のウエイトは、自分で試したことがないので、不明です。申しわけございません。

実際に私が使った感想としては、バーベルにタンの部分を装着する際、非常にスムーズに行えます。通常販売されているリストストラップだと、巻きつける部分が長いので、装着に時間がかかります。

しかし、パワーグリップ PROと通常のリストストラップの使い心地のよさは、個人個人の相性によるところもあると思います。

確かに、通常のリストストラップは、長いので、バーベルに巻き付ける際に、時間がかかりますが、しっかりとバーをホールドできる利点があるので、相性が良いトレーニーも多いです。

パワーグリップ PROの取り扱い説明書には、プル系の種目だけではなく、プッシュ系(ベンチプレスなど)にも利用できるとか記載されています。

しかし、ベンチプレスで、パワーグリップ PROを利用した経験が過去にあります。しかし、タンの部分は、非常に厚みがあり、バーにあてがうと、バーが、握りづらいので指に力が入りずらく、力を発揮しづらいです。

それに、リストの部分が、ストラップのように、タイトに手首をホールドすることが不可能で、高重量のベンチプレスだと手首を痛めてしまいます。

なので、サムレスグリップでベンチプレスを行う人で、100kg 以下の重量であれば、対応可能ですね。

私は、リストストラップの方が、相性がいいです。なので私は、ニコライ堂靴店のリストストラップを使用しています。

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO の詳細は下記の画像をクリックしてください。画像をクリックするとゴールドジムの公式通販サイトに飛びます↓

鈴木 雅: 2010〜2018年日本ボディビル選手権9連覇も愛用

全日本ボディビル選手権9連覇の鈴木雅さんもパワーグリッププロを使用しています。

私は2012年10月から2013年10月の1年間、ゴールドジム中野でトレーニングしていました。

11時30分~12時間に中野に到着すると、鈴木雅さんがトレーニングちょうど終了するか否かぐらいの時ですね。

鈴木雅さんは、午前中から昼にかけて練習されてますから。

昼からは他ショップに勤務しますからね。

その時に鈴木さんは、パワーグリッププロを使用していました。

グリップを強いし.着脱も簡単なので重宝してるんでしょうね。

鈴木雅さんが雑誌のインタビューでパワーグリップ分についてのコメントを寄せています。

下記の記事を参考にしてください↓

日々のトレーニングを行うのに欠かせない。
鈴木 雅選手の神器

もし、背中の日にパワーグリップを忘れることがあれば、私はトレーニングを諦めます(笑)。

そのくらい必需品ですね。

私は新たな気持ちでトレーニングに取り組むために、1シーズンに1回、必ず買い換えます。

高重量を扱う人には必須だと思いますが、背中をコントロールする上でも重要です。

背中のトレーニングでストレッチをかけるときには、手首が固定されながらも握り込んではダメで、力を少し抜くことが必要だからです。

ただし、頼りすぎないこと。

特に肩のトレーニングなどで重量をぶら下げてしまうと、あおって挙げることになってしまいます。

参考書籍:『鈴木 雅 PERFECT BOOK ボディビル世界王者の“心技体”を知る』
ベースボール・マガジン社,2017年

鈴木 雅 PERFECT BOOK ボディビル世界王者の“心技体”を知る

ゴールドジムのトレーニー80%は持っているアイテム!

ゴールドジム大宮の80%以上のトレーニーはGOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROを購入しています。

特にボディビルやフィジーク等の大会に出ているトレーニング熱心な人は、100%パワーグリッププロを装着してます。

背中のトレーニングのとき、簡単に着脱できますから便利ですからね。

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROのメリットデメリットとは…

GOLD'S GYM G3710 パワーグリップ PRO

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PRO)のメリットは、

  • 背中や僧帽筋などの高重量を扱う種目で、握力を強力にサポートしてくれる。
  • バーへの着脱が、スムーズに行える。
  • ゴールドジムのロゴが格好いい。
  • GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROのデメリットは、

  • 9,680 円(税込)と値段が高め。
  • 手首の部分が、汗で臭くなる。
  • ラバー製なので、本革製のリストストラップよりは、耐久性が落ちる。特に、バーの刻みを握ると、タン部分の消耗が、激しくなる。
  • GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROと相性の(良い、良くない)トレーニーは…

    背中のトレーニングで、インターバルを短く取りたい人には、GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーグリップ PROは、相性がいいですね。通常のリストストラップだとバーに、ストラップを巻きつける作業に時間がかかってしまいますから。

    ストラップのようにバーに、毎回毎回、ストラップを装着するのが面倒くさい方にも相性がいいです。確かに通常のストラップの握力のホールド感は、パワーグリップ PROより断然あります。しかし、バーに巻きつける手間が、かかります。巻き付ける作業が、面倒くさい人にパワーグリップ PROは、おすすめですね。

    パワーグリップは、消耗品なので、特に高重量でトレーニングを行っている方は、タンの部分が、消耗していずれは、切断されてしまいます。なので、一生涯パワーグリップを利用したいトレーニーにはおすすめできません。

    といっても、普通に使っていれば、1年2年で、故障することはないので安心してください。

    そして、手首をホールドする部分が、汗で臭くなってしまうのが嫌な方にはおすすめできません。夏場は特に、パワーグリップを装着していると、手首周りに大量の汗をかきます。なので、トレーニング後、パワーグリップを、放置していると、汗で臭くなります。

    取り扱い説明書には、手洗い可能と記載されていないので、洗濯ができません。リセッシュ等の消臭剤で、防臭するしかありません。

    なので、こまめに洗濯できないのは嫌だという人にも、おすすめできませんね。

    パワーグリップは初心者には必要ないのか?

    初心者には必要です。

    なぜなら、背中のトレーニングは背中よりも小さな筋肉の前腕筋が先に疲労してしまうからです。

    初心者であればなおさら上級者よりも筋力がないので
    前腕筋が2セット~3セットぐらいでパンパンになっちゃって
    背中のトレーニングを続けることがこんなになっちゃうんですよ。

    それに初心者は、背中の筋肉への効かせた方がまだ不十分なので、握る方に力入ってしまい、背中への筋肉の効きが悪くなっちゃうんです。

    【Lサイズ入荷まち】です

    フィットネスショップの販売サイトでは L サイズ(手首周りの21cm)が品切れです。(2019年10月5日土曜日現在)

    サイズ目安:S(約16cm)、M(約18cm)L(約21cm)

    大体一般男性であれば手首の周りは18センチなので M サイズが妥当です。

    女性だと S サイズですね。

    しかし、パワーグリップのサイズ選びをする際に気をつけることがあります。

    ちなみに私は体重が96キロぐらいで、手首の周りが18cm で M サイズを使用しています。

    なのでよっぽどの骨太の方か、ぴったりサイズが嫌な人以外は男性の方であれば M サイズが妥当ですね。

    私の場合はゴールドジムのプロショップで M サイズと L サイズを試着してから手首にぴったりフィットした M サイズを購入しました。

    ゴールドジムにすでに通っているのであれば
    パワーグリッププロを使用している人にお願いして試着してみましょう。

    ゴールドジムであれば、パワーグリッププロを使用している人が結構いますからね。

    それが無理なら、店内にあるプロショップで試着するのが良いですね。

    コメントを残す