トレーニングノートをつける。

何事もそうですが、一定の成果を上げるためには、行動を継続する必要が、あります。
筋力トレーニングで、筋肉の発達や筋力アップを、目に見えて向上させるためには、最低3ヶ月のトレーニング期間が必要です。

といってもなかなか継続できない方も多いと思います。
そんな方のためにまず継続させるための方法として、ウエイトトレーニングを行うときに、トレーニング内容を、記載することです。

ゴールドジムでは、使用重量やレップス、セット数などを記載できるトレーニングノートを販売してます。

ただ漠然とトレーニングを行っていては、モチベーションが上がりません。トレーニングノートをつけることによって、毎回のトレーニングで、前回よりも使用重量やレップスが、向上しているのか低下してるのか?客観的に確認することができます。

ほとんどの会員の方は、面倒くさいと言って、トレーニングノートをつけてない人が多いですね。私も最初は、トレーニングノートを取ることをしませんでした。しかし、(全日本、全世界)ボディビル選手権チャンピオンの鈴木雅さんが、こまめにトレーニング内容を、記録している姿に感銘を受けて、トレーニングの詳細を記載するようになりました。

感覚的にトレーニングするのでなくて、数値としてトレーニング効果を客観的に見えるので、トレーニングのモチベーションが非常に私の場合は向上しました。

感覚的にトレーニングをしていると、マクロ的に見て、自分の肉体のパフォーマンスが向上しているのか?客観的に確認することができません。

ウエイトトレーニングを継続して行うために.一番おすすめなのが、トレーニングノートをつけることですね。

ボディビルの大会にエントリーしてみる!

少々手荒い方法かもしれません。しかし、大会という目的があれば、毎回のウエイトトレーニングのモチベーションは間違いなく向上します。
大会に出るという強制的な縛りを設けることで、必然的にトレーニングに熱が入るということです。

実際にゴールドジム大宮で、ボディビル選手権やフィジーク等に出場している会員さんを見てると、トレーニングに対する取り組み方が、一般会員さんの方とは全く違いますね。

トレーニーはに対する集中力はもちろんのこと、トレーニングに関するありとあらゆる情報を収集する意欲が非常に高いです。
なので、ボディビルの大会やフィジークに出場されている会員さんは、トレーニング歴が非常に長いのが、特徴ですね。

ダイエット企画に参加する。

ボディービルの大会に参加するのはちょっと抵抗があるという人は、ダイエットキャンペーンに登録してみることをおすすめしますね。

毎年、4月から8月にかけて、ゴールドジムでは、ダイエットキャンペーンを行ってます。この期間に、減量.減少率を競うことになります。

ボディビルの大会と同じように、強制的に目的を設定することによって、日々のトレーニングに対しての意欲が、向上します。

そして、キャンペーンで成果を挙げると、ますますトレーニングにのめり込んでいく傾向が、あります。特にダイエットに関しては、女性の方が多いですね。

別に、入賞できなくても、誰からも非難されることもないので、トレーニングに対してのモチベーションが下がっている会員さんの方は、一度トライしてみることをおすすめしますね。